推進工事とは

通常、管(汚水、雨水、水道、ガス他)を土中に埋設していくには指定の深さまで
掘削し管を設置し埋め戻します。

しかし道路横断、鉄道の線路、河川など掘削不可能な箇所は両端に立坑
(発進・到達)を築造し機械にて管を推進していく工法です。推進工法は地質
、用途に応じて様々な種類があります。


推進工事の施工手順

1. 発進立坑掘削(ライナー小判型)

2.到達立坑掘削(ケーシング立坑)

3.推進機吊降ろし据付

4.先導管吊降ろし据付

5.推進開始

6.推進管を降ろし接続。これをくり返す

7.到達

8.先導管回収・推進機撤去

9.完了